【大学入試】合格大学分析part1

最終更新日

Comments: 0

こんにちはYuです。

本日は

【具体的な成績も出します】浪人時の友人の成績と進学大学を分析してみた part1

というテーマで書いてきます。

簡単に私のプロフィールですが、現在都内理工学部3年生をしており、○浪して入学しました。

受験に失敗した私ならではの武器である「合格した友人が多い」という武器を披露する時が来ました(笑)

大学受験を控えている

  • 高校3年生
  • 浪人生

にはぜひ一度見て参考にしてもらいたいです。

成績・雰囲気・性格・勉強の仕方・癖まで分析しますので(笑)

最後までみてください。


①Y君 現役/九州大学 工学部機械航空

Y君は高校のクラスの友人で、第一志望校に合格した。

  • センター試験成績:740/900
  • 得意教科:化学(無機化学の暗記事項はほとんど網羅していた気がする)
  • 苦手教科:国語(センター本番は110あたりだったと言っていた)
  • 塾に通わず、高校の授業だけで合格した強者
  • 高3時のセンター模試では基本的に、630〜700付近をうろうろしていた
  • 性格は非常に真面目で、宿題などは基本的に忘れない
  • はっきりと物事を言う性格(笑)
  • 友達は多く、クラスの中でもみんなと話していたイメージ
  • 現役時、放課後まで教室で勉強していて、学校が閉まる時間まで自習していたの
  • 分からない問題はまず悩んで、友人→先生に聞く流れを取っていた
  • 記述力は高い・時も綺麗
  • 早起き
  • はっきりと記憶にないが、滑り止めの私立を出さなかった気がする
  • 勉強の仕方:コツコツしていた・「夜遅くまでやってやる」というタイプではなく、規則正しい生活だった


②I君 一浪/高知大学 医学部医学科

I君は、福岡で浪人した際に出会った友人です。いくつかの候補の中で、当時英語が2次試験科目ではなかった高知大学医学部に合格した。

  • センター試験成績:765/900
  • 高3時のセンター模試では、基本的に700以下だったと言うが、一浪目のセンター模試は700〜780あたりをうろうろしていた。
  • 得意教科:数学(河合塾全統記述模試は170~が基本だった)
  • 苦手教科:英語(センター英語本番は160あたりだったと言っていた)
  • 基本的に「1人」で行動していた 
  • 群れることを嫌っていた(心の中で群れたら落ちると言うことを分かっていたのか…)
  • 覚えることが苦手だと言っていたため、年末になっても単語帳を常に持っていた
  • 高知大学医学部は足きりがあるため、とても不安だと言いながら、強気の姿勢で願書を出していた(笑)
  • 早起きをコソコソしていた
  • でも結構遅くまで起きていたイメージ(寮が同じだったため)
  • 数学などで解けないと、めちゃくちゃ考え込んでいた
  • 運動がとてもできた(休みの日にたまに一緒にスポーツをした)
  • 勉強の仕方:①のY君とは違って、夜遅くまでやってやる!みたいな感じだった・ただ終盤は朝方に変えていた

③T君 2浪/九州大学 医学部医学科

浪人時代の友人で、2年連続で九州大学医学部を受けた。

  • センター試験成績:760/900
  • 一浪目で九州大学医学部を受け、二浪目も九州大学医学部を受けた九医一筋
  • みんなに優しい
  • やたらと昼ご飯にうどんを食べたがっていた(謎)
  • 女の子に全く興味ないと言いはっていたが、入学1ヶ月で彼女ができた(謎)
  • 得意教科:数学
  • 苦手教科:国語(センター本番は120ジャスト)
  • センター試験に対して異常なぐらい「運ゲー」と連呼していたが、基本的に点数を取ってくるやつだった
  • オールラウンドにできて、科目間の成績のばらつきは少なかった
  • 合格発表後に分かったらしいが、下から数番目だったらしい
  • 勉強の仕方:コツコツ計画立ててやっていた

④Y君 2浪/長崎大学 医学部医学科

1浪目も受かるかもしれないと豪語していたが、しっかり落ちて2浪目に突入した。

  • センター試験成績:763/900
  • めちゃくちゃ自分に自信を持っていた
  • 自分はかっこいいと常に言い聞かせてメンタルを保っていたようにも見えた
  • とにかく彼の凄のすごいところは「無駄なことはしない」ことだった

例えば、テキストは「一冊」と決めたらそれ以外のテキストには目もくれなかった。物理は「名門の森」。化学は「重要問題集」と駿台のお気に入りのテキストを常にやっていた。彼以上に効率よく遊び、効率よく勉強した友人を見たことはない。

  • とてもチャラかった(今もチャラい)
  • 二次試験が終わったとに勝利を確信したらしい(謎)
  • ただやはり見ていて、常に遊んでいたわけではなく、確実に努力はしていた
  • ちょっとヤンキーっぽかった
  • ただ、「毎日」毎朝1時間以上かけて電車で通っていたので、実はめちゃくちゃ真面目である
  • 得意教科:数学(河合塾全統記述は基本170~)
  • 苦手教科:国語(センター本番は140あたり)

とり合えず今回は4人を分析してみました。また次回違うタイプの友人を分析していこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする