【カンボジア】プノンペン空港の入国審査

最終更新日

Comments: 0

こんにちは、Yuです。

本日は、東南アジアに位置するカンボジア/Cambodiaに入国する際の注意点・入国審査の流れをシェアしていきます。

実を言うと、私はカンボジア入国の際、とても苦戦しました笑

カンボジアに入国する前に、今からお伝えする情報を知っていればもっとスムーズに入国できたと思っています。

大きく分けて、ポイントが3つあります。

結論から言うと以下の3つです。

  1. 入国ビザを発行する際、$30〜$40必要
  2. 4cm×6cm の写真が必要
  3. 入国審査を行うまでの流れが少し複雑

それでは詳しく説明していきます。


1. 入国ビザ発行

日本、もしくは外国からプノンペン国際空港に到着する前に

US $30〜$40を用意してください

日本円のみ握りしめて、US$を持たずにプノンペン空港に到着すると、大変です。アワアワします。日本円はもちろん対応してもらえません。

日本でアメリカ$に換金してこないと、ただでさえ混雑するカンボジアの入国に拍車をかけてさらに面倒になります。

こちらがカンボジアの入国ビザです。ちょっとカッコ良すぎません?笑


* 実際、ATMはあります。ただ、もちろん英語なので、使い慣れていない方にとっては苦戦するのではないかと思います。

* 実は換金所もあるにはあります。ただし!私が訪れる時は、いつも閉まっております笑 空いている時を見たことがありません。

* カンボジアの入国ビザの値段は時期や、年によって前後することがあります笑


2. 4×6cmの顔写真が必要

結論から言います。

忘れても大丈夫です笑

ただし、余計に$2取られます。

不必要な出費を避けるためにも、顔写真が用意できるなら用意していくのが良いかと思われます。もちろん、空港についてその場で取れる機械などは存在しません笑


3. 飛行機着陸後から、入国における全体の流れ

これを知っておくととてもスムーズに入国できます。

下の図をご覧ください。

図には、①から⑤まで番号を記しています。

今思うと簡単なのですが、実際6時間フライトを終えた後、疲労と初めての地と時間帯によっては混雑しているため、なかなかスムーズに行えませんでした。

まず


① 飛行機着陸後、この①番の方向から歩いてくることになります。①番付近に紙を持って立っている職員らしき人がいます。その人から紙をもらいます。①番付近にいないことも、たまにあります笑。その時は③番の窓口の人からもらえます。


② もらった紙に必要事項を記入していきます。特に問題はないと思います。


③ 窓口が明確に分けられてはいないのですが、向かって左側③番の窓口あたりに、パスポート/①で記入した紙/飛行機内で記入した紙/顔写真/$30を持って並び、提出します。その後、④側にスライドしろ、と職員から言われるので動きます笑


④ ここで、先ほど③で提出したパスポートなどを受け取ります。ここでは、空港職員が渡す準備ができた人の順で名前を呼んできます笑。イヤホンをしてるとずーっと待っておくことになります笑。ちなみに私はイヤホンをしてました……後ろの方でボケーっと待っていたら永遠にパスポートを受け取れません。


そして!もちろんですが、世界最高レベルのホスピタリティの日本のようなサービスレベルではありません笑。呼ばれないなあ………でも待っとくか…持ってきてくれるだろう…などのんびりしていたら日が暮れます笑。目をギラつかしておいてください。


⑤ パスポートを④で受け取ったらあとは簡単です。⑤の矢印の方法に歩いていきます。その後、預けた荷物をとるといった流れになります。


以上、着陸後の流れになります。これを知らないと本当にアワアワします笑。

プノンペン市内の写真です。高層マンションもちらほら見えます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする